6.土台・足場組・建方工事

ヴァンベール友丘 躯体検査

給排水ガス設備工事が終わると、大工さんによる土台敷き作業となります。土台を敷く前に基礎との間に、基礎パッキンという樹脂でできた厚板を入れます。基礎パッキンは、土台の乾燥、通気、防鼠の効果があります。ヴァンベールシリーズは土台にはヒノキ材を使います。ヒノキ材は固く耐久性に優れているので、土台には最良です。

土台敷きが終わると、構造用合板(厚さ28mm)を敷き、床の下地を作ってきます。その後1階柱、1階梁、2階構造用合板下地、2階柱、小屋組と組み立て、最後に『野地板』と呼ばれる12㎜の合板を貼ると完了です。この地点が一般に『棟上げ』と言われる状態です。また各工程でそれぞれ筋交、火打ち、金物を取付け、水平・垂直を確認しながら、作業を進めます。